トップページ >> 技術情報 >> メンブレン部品実装

メンブレン部品実装

LED実装 製品例

スイッチは、従来の基板を使用するものから、より薄く軽いPET(ポリエステル)フィルムを使用したメンブレンスイッチへと変わってきました。
基板のかわりとなるのですから、メンブレンへの部品実装は必要不可欠です。
当社では、メンブレン製作はもちろん、メンブレンシートへのチップ部品(LED、抵抗、ダイオードなど)の実装を行なっています。
製品の小型化、コストダウンをお考えの方、当社にご一報ください。
また実装だけのご依頼にも対応いたします。


最大電圧 DC12V(参考値)
最大電流 30mA(参考値)
チップ部品 LED、抵抗、ダイオード、コンデンサ 他

※メンブレンスイッチの詳細は、「メンブレンスイッチ」(製品)をご覧下さい。

実装方法

<部品実装構造図>

部品実装構造図
  1. 導電接着剤をLEDシート(ポリエステルフィルム)に印刷します。
  2. チップマウンターでチップ部品を実装します。
  3. バッチ炉に入れ、ポリエステルフィルムの耐熱温度内の熱で乾燥させます。
  4. ディスペンサーで封止樹脂材(UV樹脂)を塗布します。
  5. UV炉に通し、封止樹脂材を硬化させます。

<部品実装ルーム>

部品実装ルーム

なお、ポリエステルフィルムがハンダの熱に耐えられないため、メンブレンへの部品実装にハンダは使用できません。



参考:メンブレンスイッチのこと、もっと詳しく知りたい(なるほど!メンブレン)

このページの上部へ このページの上部へ