トップページ >> なるほど!ディスプレイ >> 液晶パネルの種類

液晶パネルの種類

現在主流となっているのはTN方式(STN , DSTN , FSTN , CSTN),VA方式,IPS方式です。


TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)

応答速度が速いため高速で表示する必要がある用途に最適です。
視野角が狭く見る角度によっては、色合いが変わってしまうため大画面ディスプレイなどには向いていません。
安価に製造できるため、現在でもTN方式が多く使われています。
TN方式の派生方式としてSTNがあり、STNにもいくつかの種類があります。

 STN(Super-Twisted Nematic Display)
    TN方式より液晶自体の応答速度が速いが単純マトリックスのため画面の表示速度が遅く動画表示には不向きですが製造コストが安いというメリットがあります
 DSTN(Dual-scan Super Twisted Nematic)
    STN液晶を上下2分割することで、表示速度を改善させた方式です。主にノートパソコンに使用されています。上下同時に制御を行うことにより処理が軽くなって表示が速くなったが、残像が残るなどの根本的な問題は解決されておらず、TFT液晶より劣っています。補償用フィルムの代わりにSTNパネルを用いたDouble-STNの略称として用いられる場合もあります。
 FSTN(Film Compensated STN)
    液晶パネルと偏光板との間に、色補正用のフィルムを設置した方式の製品です。
    単純マトリックス方式のSTNやDSTNは、白や黒など色の表現が十分でないが、FSTNでは、高分子のフィルムを間に挟むことで、低コストで色の補償を実現できます。
 CSTN(Color Super-Twist Nematic)
    カラー表示に対応しており、カラー液晶が採用されはじめたころの携帯電話などを中心に利用されていました。

VA方式(Virtical Alignment)

視野角や色再現性などがTN方式よりも優れています。
以前は応答速度が遅かったのですが、最近では改善されIPS方式と同等となっています。
非透過状態で黒を表示する為、黒の深みやコントラストではIPS方式より優れています。

IPS方式(In Place Switching)

視野角が広く、輝度変化や色変化が少ないためテレビやパソコンのディスプレイなどに使用されている方式です。
他の方式と比べて応答速度が遅いのがネックとなっていますが、グラフィックプロ向けや医療向けなどで使用されています。


このページの上部へ このページの上部へ