トップページ >> なるほど!ディスプレイ

なるほど!ディスプレイ −ディスプレイデバイスのこと、もっと詳しく知りたい−

ディスプレイと言っても様々な種類が存在します。
例えば、ブラウン管 (CRT),液晶ディスプレイ (LCD),プラズマディスプレイ (PDP),有機ELディスプレイ (OLED),ビデオプロジェクタなどがあります。
ディスプレイデバイスは、みなさんの周りの様々なところで使われています。
たとえば・・・
パソコン用モニタ,スマホ,タブレット
などなど。
みなさんが良く目にするところでは、テレビやパソコンのディスプレイ,スマホなどに使われています。

“なるほど!ディスプレイ“では、弊社で主に取り扱いをしています液晶ディスプレイについて少し詳しくご説明しています。
ディスプレイデバイスの導入を考えている方だけでなく、様々な方の参考になる情報となっていることと思います。

液晶パネルの種類

現在主流となっているTN方式(STN , DSTN , FSTN , CSTN),VA方式,IPS方式をご紹介します。

液晶パネルの駆動方式

液晶パネルの駆動方式は主に、単純マトリクス駆動方式とアクティブ・マトリクス駆動方式があります。

偏光板について

偏光板とは、特定方向に偏光、又は偏波した光のみ通過させる板のことです。
偏光板には、反射型,反透過型,透過型の3種類があります。

モジュールの構造

液晶パネルと画像を表示させるためのドライバ・コントローラ(LSI、IC)を1つにまとめて実装したものをLCDモジュールと呼んでいます。
実装方法の違いから、主にCOB型,COG型,COF型の3つのタイプがあります。

バックライトの種類

導光板を用いることで画面が均一に照らされますが、LEDの数と配置が大きく異なります。
直下型のほうが多くのLEDを使うことで画面をより明るくできますが、エッジ型の方が薄型化に適しています。

見積りについて

見積りを依頼していただくときに、こちらの仕様をお知らせいただけると、より正確な見積りをお出しできます。 ディスプレイに関するご質問がありましたら、どんなことでもかまいませんのでこちらまでお問合せ下さい。 お待ちしております。

このページの上部へ このページの上部へ