トップページ >> なるほど!メンブレン >> 回路の引回しの方法

回路の引回しの方法

メンブレンスイッチは、上下接点シートに印刷された導電インク(銀ペースト、カーボン)によって電気を導通させます。
この導電インクの引回しには2種類あります。

1コモン

1コモン 回路図

スイッチ1つにつき、1つのピンが必要になります。 また、もう1本グランドのピンがつくので、ピンの数は「スイッチの数+1」となります。


マトリックス

マトリックス 回路図

1本のピンを、いくつかのスイッチに共通して使います。
左の例では、3×4のマトリックス(12キー)に対しピンの数は7本となっています。
マトリックスの方が1コモンよりピン数を少なくできます。 このためスイッチの数が多いときや、引き回しの面積が狭いときはマトリックスの方が適しています。


このページの上部へ このページの上部へ