トップページ >> 長野テクトロンの強み >> 最適なスイッチ提案力

豊富な経験から、お客様に最適な「スイッチ」をご提案します

「こういう場合、どんなメンブレンスイッチがいいんだろう?」とお悩みの方、いらっしゃいませんか?
そんな方のために、使用目的別にどんなメンブレンスイッチを選んだら良いかご提案します。

ご希望の使用環境に適した製品は?

防水タイプ 耐油メンブレン

通常のメンブレンスイッチの構造では、水がスイッチ内にしみこみ、不具合をきたすことがあります。 防水タイプは、専用の粘着テープを用いるなど、防水用の特別な構造にすることによって、周囲からの浸水を防ぎます。

耐熱エンボスタイプ

通常、高温下では変形することもあるエンボス加工。 耐熱エンボスは通常のエンボスよりもさらに高温での使用に耐えられます。

表面シート材にUV加工を

UV加工には、表面シートにシボ目(ざらざら感)をつけるだけでなく、耐薬品性を高め、 キズをつけにくくする効果もあります。

表面シート材をポリカーボネイドに

屋外で頻繁に使うスイッチは、日光により黄ばんでしまいます。 黄ばみにくい性質を持ったポリカーボネイド材は屋外用のスイッチに適しています。
また設置箇所によっては、防水・防塵性にも留意が必要です。

文字照光タイプELタイプ 照光キーボード

特殊加工により、スイッチが光るので、夜間や暗い室内での使用も問題ありません。
キーの文字部分を光らせたい場合は文字照光、広範囲を光らせたい場合はELが向いています。

クリックエンボスタイプ・金属ドームタイプの比較

クリック感を出すための加工には、「クリックエンボスタイプ」と「金属ドームタイプ」の2種類があります。
この2つのタイプには、下記のような違いがあります。

構造

クリックエンボスタイプ:

 表面シートのエンボスによってクリック感を出します。

金属ドームタイプ:

 内部に組み込まれた、ドーム型の金属板によってクリック感を出します。

単価

数量、キー数にもよりますが、おおむねクリックエンボスタイプの方が安いです。
(金属ドームタイプはドームを1つ1つ組み込んでいくので、部品代・組立費がかかるため。 (特にキー数が多い場合))

イニシャル費

おおむね金属ドームタイプの方が安いです。
(エンボス用の金型費が抑えられるため)

クリックの耐久性

同等です。(50万回以上)

クリック感

金属ドームはタクトスイッチと同じような感触です。
ストロークはクリックエンボスの方が深めです。

つまり適した製品は?
クリックエンボス キー数やロット数が多い製品
金属ドーム 試作品・小ロット製品

このページの上部へ このページの上部へ